体外受精 リスク

2ヶ月で自然妊娠!
↓クリック↓
【魔法の妊娠術】

自然妊娠する方法!不妊治療は不要! top>不妊症 治療>体外受精 リスク

体外受精 リスク
体外受精のリスクについてです。

多胎妊娠の可能性が増える
卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
流産率が若干上がる
先天的な奇形の可能性が若干上がる
キメラ
└多胎妊娠の中でも、胚盤胞を複数胚移植したことにより起こる可能性がある。たとえば血液キメラは、胎盤共有型の二卵性双胎となった場合、胎児の造血細胞がまざり合い、通常1種類しか持っていない造血細胞が一人の体の中に2通り存在することになるトラブル。生後、血液型がはっきりせず、輸血が必要となったときに、医療機関が混乱し処置が遅れるおそれがあります。また、2つの胚が融合して母胎内で1つの胚となり、遺伝子的には2人の人間が1人になってしまう可能性もある。
採卵時の出血
採卵時の全身麻酔

2ヶ月で自然妊娠!
↓クリック↓
魔法の妊娠術
☆体験者の声☆

妊娠力をチェック!!
↓クリック↓
体外受精,リスク,成功率,不妊症,治療,不妊克服,妊娠する方法
メールで排卵日を
教えてくれる♪


不妊症 治療に戻る

自然妊娠する方法!不妊治療は不要!
ご訪問ありがとうございます。
お問い合わせ
ECサイトで使えるサーバー