不妊治療助成金

わずか2ヶ月で妊娠!
↓クリック↓
【魔法の妊娠術】

自然妊娠する方法!不妊治療は不要! top>不妊治療の費用について>不妊治療助成金

不妊治療で気になる費用の問題。

不妊治療の場合、初期の一般不妊治療の保険適用範囲内なら 、通常通り3割負担です。

1回の治療費は数千円程度がほとんどです。

不妊治療の段階でいうと、タイミング療法やHMG-HCG(FSC-HCG)療法までが保険適用の範囲になります。

※HMG-HCG(FSC-HCG)療法とは
排卵前にhmg(卵胞刺激ホルモン)注射することで卵胞を育てて、卵胞が大きくなったらhcg(排卵刺激ホルモン)注射で卵を排卵させる治療法です。

さらにステップアップした人工授精や体外受精になると、保険は使えなくなり自由診療です。

費用は病院によって違っていますが、目安として人工授精で1~3万円程度、体外受精の場合は20万円~60万円ぐらいになります。

この費用は高額でかなりの負担ですね。
そこで国はが高度生殖医療(人工授精や体外受精)に対して助成金を交付しています。
これが不妊治療助成金と呼ばれるものです。
詳細は各都道府県のホームページで見るか、窓口に確認できます。

不妊治療助成金には年収による制限があるので補助が受けられない場合もあります。
受けられる不妊治療助成金の金額は、1回10万円、1年に2回まで助成してくれるパターンが多いです。

たった2ヶ月で妊娠!
↓クリック↓
魔法の妊娠術
☆体験者の声☆


不妊治療の費用についてに戻る

自然妊娠する方法!不妊治療は不要!
ご訪問ありがとうございます。
お問い合わせ
ECサイトで使えるサーバー